WARDS

病棟紹介

詳しく確認したい病棟・部署をお選びください。

東4病棟

子どもから大人まで多様性のある病棟。柔らかな日差しのような看護を目指す

東4病棟は、主に急性期の小児の疾患を取り扱う病棟です。また、アトピー性皮膚炎のスキンケア、食物アレルギーの原因食材や食べられる量を確認する「食物経口負荷試験」のための入院にも積極的に取り組んでいます。その他、眼科、腎臓内科、代謝内科、皮膚科から大人の患者さんが入院されてきます。入院される方の世代も疾患もそれぞれ。多様性のある病棟といえるでしょう。 病院は、ともすれば重苦しい雰囲気になりがちな場所ですが、子どもたちがいるこの病棟は、柔らかく明るい空気に満ちています。もしかしたら、当院の小さなオアシスといえるかもしれません。私たち自身もその明るさの一部になれるよう、子どもたちに、そして成人の患者さんたちに、いつも笑顔で優しい看護を提供できるよう心がけています。

西4病棟

産婦人科、乳腺外科ほか、女性の専門病棟。女性の一生とそれぞれの気持ちに寄り添って

西4病棟には、産婦人科、乳腺外科、その他の科の疾患の女性が入院されます。女性の一生とともにある病棟と言えるかもしれません。 妊娠・出産・産後の女性と生まれたばかりの赤ちゃんたち、婦人科疾患の患者さん、乳腺外科の患者さん。同じ女性でも、それぞれ疾患もライフステージも違う方々がそこにいます。どなたの立場や気持ちにも寄り添い、安全、安心、信頼していただける看護を行うために、皆で力を合わせて業務をこなしています。

東5病棟

周術期看護・管理が中心の病棟。看護スタッフのチームワークが的確な対応のカギ

東5病棟は、消化器外科・内科、泌尿器科、循環器内科の周術期にある患者さんが主に入院される病棟です。手術や内視鏡治療が多く、周手術期看護やドレーン管理指導が重要なため、勉強会で知識を得たり、多職種カンファレンスで情報を共有したりして、患者さんが安心して退院後の生活が送れるよう努力しています。 朝の業務開始時には、スタッフ同士手をつないで輪になり、ひと声かけて一致団結するのが日課。掛け声は主に師長、時にはスタッフに今日1日の目標を述べてもらうこともあります。 休日には、近くの公園でBBQをしたり運動会を行ったりすることもあります。コミュニケーションが良く取れたスタッフ陣で、的確な看護の実施に心がけています。

東6病棟

患者数が多い整形外科と、新設の入院科で構成される病棟。一人ひとりを地域につなげる看護へ

東6病棟は、整形外科、血液内科、神経内科の3科を有する混合病棟です。 整形外科医は7名おり、予定手術の他、交通外傷等の緊急手術も多数受けています。患者数も非常に多いなか、一人ひとりを地域での療養・リハビリにつなげ、生活の質を守るために、理学療法士や栄養科、薬剤部、ソーシャルワーカーと日々連携を取って看護に取り組んでいます。 神経内科・血液内科は、今までの魚沼地域では入院を受け入れていなかった分野です。スタッフ一同、安全で適切な看護が提供できるよう常に学習を重ねている現在です。

西6病棟

西6病棟は平成31年4月からスタートしました!!

整形外科をはじめとする様々な診療科の混合病棟です。それぞれの病棟からスタッフが集まり本格始動に向け、力を合わせて準備をしました! 西6病棟でもPNS制度を導入しており、お互いの持ち味を活かしスタッフ同士協力しながら患者様のニーズに合った看護を提供します。入院中から患者さんやご家族様が安心して退院後の生活が送れるように援助していきます。 まだ、スタートしたばかりですが日々思いやりを持ち、明るく元気よくチームワークのいい病棟を作っていきます!!

西7病棟

急性期から終末期まで幅広い患者さんがいる混合病棟。それぞれに合った看護の提供を目指す

西7病棟は、呼吸器内科・外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、総合診療科の混合病棟です。病床数は感染症病床4床を含む49床です。急性期から終末期、周術期から化学療法と、幅広い患者さんの看護をしています。 様々なステージ・状況の患者さんがいるため、医師、看護師、薬剤師、リハビリ、栄養師、地域連携など、多職種とのチームカンファレンスは非常に重要です。また、複数科の患者看護についてそれぞれの知識を得るため、学習会や研修会に参加してその習得に努めています。 患者さんに安心して入院生活を送っていただけるよう、いつも笑顔で優しく、思いやりのある看護の提供に心がけています。

東8病棟

患者さんの「心」と「身体」を注視し、人として尊重する看護を

東8病棟は精神科急性期閉鎖病棟で、病床数は50床です。精神疾患の治療のほか、精神疾患を伴う身体合併症患者や手術適応患者、修正型電気けいれん療法などの入院治療を行っています。また、新潟県の南圏域における精神科救急にも輪番で対応します。 精神科では、患者さんを心と身体の両面から看ていく看護力が求められます。医師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士など、この領域を取り巻く様々な専門職と連携していくことで、チーム医療における看護師の重要性を日々実感します。看護師としてとりわけ磨かれる環境がここにあります。

外来

不安や緊張を抱えた患者さんの支えに。常に丁寧な対応と笑顔で接する

外来対応を行うのは2科の診療科。新たな患者さんや通院の患者さんの診察に日々対応しています。処置や点滴を受ける中央処置室は15床、またその隣には、外来化学療法を受ける方のための通院治療室が設けられています。通院治療室は全TV付きのベッドとリクライニングチェアが13床、治療中もくつろいで過ごしていただけるよう心を砕いています。 外来診療では、患者さんの不安や緊張、動揺を和らげるために、看護師の存在は欠かせません。安全と安楽を一番に考え、常に丁寧な対応を心がけています。

放射線・内視鏡室

最新・最先端の医療に日々携わる。人体への知識と理解が深まる部門

内視鏡室は、食道・胃・大腸・胆管などの消化管や、気管支・肺などの呼吸器に対し、最新鋭の高画質な電子スコープ・超音波内視鏡を使用して検査・治療を行う部門です。また、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)や、小腸カプセル内視鏡を用いた検査も実施しています。 アンギオ(血管撮影)部門では、1回の撮影で2方向から撮影可能な「バイプレーンフラットパネル」を設置し、外傷による腹腔内出血や消化管出血に対する血管塞栓術、心臓カテーテル、胆道や腹腔内膿瘍などの非血管系の検査・治療に対応しています。 内視鏡技師やインターベンションエキスパートナースも勤務しており、より高度な医療の提供にも積極的に取り組んでいます。最先端の検査・治療に接し、人の身体に対する知識を磨ける部門です。

看護部管理室

モットーは「開かれた管理室」

看護部管理室は、看護部理念のもと、看護師長たちがのびのびと部署運営できるよう、指導・支援を行っています。また、看護師たちのワークライフバランスを大切にし、活き活きと長く働き続けられるよう、職場の体制や仕組みづくりに取り組んでいます。 モットーは「開かれた管理室」。看護師長・スタッフ、それ以外のどんな職種の職員も気兼ねなく訪室できる場所であることを目指し、日々運営しています。

救命救急・外傷センター

重症の患者さんを的確に治療し、早期回復につなげる。スピードのある日々の中で「看護の専門性」を発揮!

救命救急・外傷センターは、呼吸、循環、代謝その他の重篤な急性機能不全の患者さんや多発外傷の患者さんを受け入れ、集中的な治療・看護を行います。早急な治療をしなければ命にかかわるような重症の患者さんに、高度な医療を的確に提供していく、専門性の高い部門です。 スピード感のある現場で、医師はもちろんリハビリ、臨床工学士、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどといった多職種と連携し働いていくと、看護師ならではの重要性、役割の大切さを深く実感させられるかもしれません。魚沼地域の急性期医療の担い手として、常に安全で質の高い治療、そして看護を提供できるよう、日々走り続けているのが私たちです。

NICU・GCU

早産や低出生体重の赤ちゃんを守り、両親の支えに。「一緒に暮らせる日」を目指して行う、優しさの看護

NICU(新生児集中治療室)は、早産児・低出生体重児などの赤ちゃんの治療・発育のサポートを行う場所です。当院のNICUは、魚沼圏で唯一の存在。NICU6床、GCU(発育治療室)6床、さらに赤ちゃんとご家族がゆっくり過ごせるファミリールームを備えています。 NICUにいる赤ちゃんとご両親、兄弟は、24時間いつでも面会が可能です。それは、ご家族を中心に考えるファミリーセンタードケアの観点から。家族が一緒に過ごせることを当たり前と考え、そして赤ちゃんとご両親の双方が感じているはずの「お互いを求める気持ち」を重視し、赤ちゃんとご家族に寄り添った看護の実現に常に努めています。

手術室

各科横断の幅広い知識と技術が必要。短い期間の中でも患者さんとの深いかかわりを目指す

手術室の看護師は、年間約3500件の手術に携わっています。手術を介助するにあたっては、13診療科にわたって手術の内容を理解することが必要なため、各科を横断する幅広い知識が求められます。 患者さんとは手術前、手術中、手術後の短い時間のかかわりですが、それは濃縮された深い時間でもあるといえるでしょう。手術室の看護師は、その短いかかわりの中で最大限の看護をするべく、できる限り患者さんの元へ訪問し、手術の流れ等を説明し、安心して手術を受けてもらえるよう努めています。また、訪問で得られた情報を共有し、手術中の看護にも役立てています。 手術室は緊張感のある職場ですが、充実感とやりがいを大いに感じられる職場でもあります。スタッフ一同、明るく元気に頑張っています。

透析室

定期的に通う患者さんとは家族のような関係に。アットホームな職場

透析室は、文字通り血液透析を受ける患者さんに対応する場です。長年定期的に通われる患者さんが多数となる性質上、開院4年目の現在は患者さんとスタッフの信頼関係も深まり、アットホームで楽しい雰囲気が築かれています。 医療スタッフは、日々安全で標準的な医療を行うために研鑽するとともに、患者さんへ十分な情報提供を行うべく、様々な工夫をしています。待合室の手作り新聞に載る、透析中の方のための生活情報は、患者さんたちに、少しでも日々を快適に過ごしていただくための心配りです。 長期にお付き合いする患者さんたちは、時に自身の悩みや問題、深刻な気持ちなどを、何らかのメッセージにのせて看護師に訴えてくることもあります。それらを真摯に受け止め、支え、ともに解決できるような看護を提供することが、私たちの使命です。

詳しく確認したい病棟・部署をお選びください。

東4病棟

子どもから大人まで多様性のある病棟。柔らかな日差しのような看護を目指す

東4病棟は、主に急性期の小児の疾患を取り扱う病棟です。また、アトピー性皮膚炎のスキンケア、食物アレルギーの原因食材や食べられる量を確認する「食物経口負荷試験」のための入院にも積極的に取り組んでいます。その他、眼科、腎臓内科、代謝内科、皮膚科から大人の患者さんが入院されてきます。入院される方の世代も疾患もそれぞれ。多様性のある病棟といえるでしょう。 病院は、ともすれば重苦しい雰囲気になりがちな場所ですが、子どもたちがいるこの病棟は、柔らかく明るい空気に満ちています。もしかしたら、当院の小さなオアシスといえるかもしれません。私たち自身もその明るさの一部になれるよう、子どもたちに、そして成人の患者さんたちに、いつも笑顔で優しい看護を提供できるよう心がけています。

西4病棟

産婦人科、乳腺外科ほか、女性の専門病棟。女性の一生とそれぞれの気持ちに寄り添って

西4病棟には、産婦人科、乳腺外科、その他の科の疾患の女性が入院されます。女性の一生とともにある病棟と言えるかもしれません。 妊娠・出産・産後の女性と生まれたばかりの赤ちゃんたち、婦人科疾患の患者さん、乳腺外科の患者さん。同じ女性でも、それぞれ疾患もライフステージも違う方々がそこにいます。どなたの立場や気持ちにも寄り添い、安全、安心、信頼していただける看護を行うために、皆で力を合わせて業務をこなしています。

東5病棟

周術期看護・管理が中心の病棟。看護スタッフのチームワークが的確な対応のカギ

東5病棟は、消化器外科・内科、泌尿器科、循環器内科の周術期にある患者さんが主に入院される病棟です。手術や内視鏡治療が多く、周手術期看護やドレーン管理指導が重要なため、勉強会で知識を得たり、多職種カンファレンスで情報を共有したりして、患者さんが安心して退院後の生活が送れるよう努力しています。 朝の業務開始時には、スタッフ同士手をつないで輪になり、ひと声かけて一致団結するのが日課。掛け声は主に師長、時にはスタッフに今日1日の目標を述べてもらうこともあります。 休日には、近くの公園でBBQをしたり運動会を行ったりすることもあります。コミュニケーションが良く取れたスタッフ陣で、的確な看護の実施に心がけています。

東6病棟

患者数が多い整形外科と、新設の入院科で構成される病棟。一人ひとりを地域につなげる看護へ

東6病棟は、整形外科、血液内科、神経内科の3科を有する混合病棟です。 整形外科医は7名おり、予定手術の他、交通外傷等の緊急手術も多数受けています。患者数も非常に多いなか、一人ひとりを地域での療養・リハビリにつなげ、生活の質を守るために、理学療法士や栄養科、薬剤部、ソーシャルワーカーと日々連携を取って看護に取り組んでいます。 神経内科・血液内科は、今までの魚沼地域では入院を受け入れていなかった分野です。スタッフ一同、安全で適切な看護が提供できるよう常に学習を重ねている現在です。

西6病棟

西6病棟は平成31年4月からスタートしました!!

整形外科をはじめとする様々な診療科の混合病棟です。それぞれの病棟からスタッフが集まり本格始動に向け、力を合わせて準備をしました! 西6病棟でもPNS制度を導入しており、お互いの持ち味を活かしスタッフ同士協力しながら患者様のニーズに合った看護を提供します。入院中から患者さんやご家族様が安心して退院後の生活が送れるように援助していきます。 まだ、スタートしたばかりですが日々思いやりを持ち、明るく元気よくチームワークのいい病棟を作っていきます!!

西7病棟

急性期から終末期まで幅広い患者さんがいる混合病棟。それぞれに合った看護の提供を目指す

西7病棟は、呼吸器内科・外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、総合診療科の混合病棟です。病床数は感染症病床4床を含む49床です。急性期から終末期、周術期から化学療法と、幅広い患者さんの看護をしています。 様々なステージ・状況の患者さんがいるため、医師、看護師、薬剤師、リハビリ、栄養師、地域連携など、多職種とのチームカンファレンスは非常に重要です。また、複数科の患者看護についてそれぞれの知識を得るため、学習会や研修会に参加してその習得に努めています。 患者さんに安心して入院生活を送っていただけるよう、いつも笑顔で優しく、思いやりのある看護の提供に心がけています。

東8病棟

患者さんの「心」と「身体」を注視し、人として尊重する看護を

東8病棟は精神科急性期閉鎖病棟で、病床数は50床です。精神疾患の治療のほか、精神疾患を伴う身体合併症患者や手術適応患者、修正型電気けいれん療法などの入院治療を行っています。また、新潟県の南圏域における精神科救急にも輪番で対応します。 精神科では、患者さんを心と身体の両面から看ていく看護力が求められます。医師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士など、この領域を取り巻く様々な専門職と連携していくことで、チーム医療における看護師の重要性を日々実感します。看護師としてとりわけ磨かれる環境がここにあります。

外来

不安や緊張を抱えた患者さんの支えに。常に丁寧な対応と笑顔で接する

外来対応を行うのは2科の診療科。新たな患者さんや通院の患者さんの診察に日々対応しています。処置や点滴を受ける中央処置室は15床、またその隣には、外来化学療法を受ける方のための通院治療室が設けられています。通院治療室は全TV付きのベッドとリクライニングチェアが13床、治療中もくつろいで過ごしていただけるよう心を砕いています。 外来診療では、患者さんの不安や緊張、動揺を和らげるために、看護師の存在は欠かせません。安全と安楽を一番に考え、常に丁寧な対応を心がけています。

放射線・内視鏡室

最新・最先端の医療に日々携わる。人体への知識と理解が深まる部門

内視鏡室は、食道・胃・大腸・胆管などの消化管や、気管支・肺などの呼吸器に対し、最新鋭の高画質な電子スコープ・超音波内視鏡を使用して検査・治療を行う部門です。また、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)や、小腸カプセル内視鏡を用いた検査も実施しています。 アンギオ(血管撮影)部門では、1回の撮影で2方向から撮影可能な「バイプレーンフラットパネル」を設置し、外傷による腹腔内出血や消化管出血に対する血管塞栓術、心臓カテーテル、胆道や腹腔内膿瘍などの非血管系の検査・治療に対応しています。 内視鏡技師やインターベンションエキスパートナースも勤務しており、より高度な医療の提供にも積極的に取り組んでいます。最先端の検査・治療に接し、人の身体に対する知識を磨ける部門です。

看護部管理室

モットーは「開かれた管理室」

看護部管理室は、看護部理念のもと、看護師長たちがのびのびと部署運営できるよう、指導・支援を行っています。また、看護師たちのワークライフバランスを大切にし、活き活きと長く働き続けられるよう、職場の体制や仕組みづくりに取り組んでいます。 モットーは「開かれた管理室」。看護師長・スタッフ、それ以外のどんな職種の職員も気兼ねなく訪室できる場所であることを目指し、日々運営しています。

救命救急・外傷センター

重症の患者さんを的確に治療し、早期回復につなげる。スピードのある日々の中で「看護の専門性」を発揮!

救命救急・外傷センターは、呼吸、循環、代謝その他の重篤な急性機能不全の患者さんや多発外傷の患者さんを受け入れ、集中的な治療・看護を行います。早急な治療をしなければ命にかかわるような重症の患者さんに、高度な医療を的確に提供していく、専門性の高い部門です。 スピード感のある現場で、医師はもちろんリハビリ、臨床工学士、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどといった多職種と連携し働いていくと、看護師ならではの重要性、役割の大切さを深く実感させられるかもしれません。魚沼地域の急性期医療の担い手として、常に安全で質の高い治療、そして看護を提供できるよう、日々走り続けているのが私たちです。

NICU・GCU

早産や低出生体重の赤ちゃんを守り、両親の支えに。「一緒に暮らせる日」を目指して行う、優しさの看護

NICU(新生児集中治療室)は、早産児・低出生体重児などの赤ちゃんの治療・発育のサポートを行う場所です。当院のNICUは、魚沼圏で唯一の存在。NICU6床、GCU(発育治療室)6床、さらに赤ちゃんとご家族がゆっくり過ごせるファミリールームを備えています。 NICUにいる赤ちゃんとご両親、兄弟は、24時間いつでも面会が可能です。それは、ご家族を中心に考えるファミリーセンタードケアの観点から。家族が一緒に過ごせることを当たり前と考え、そして赤ちゃんとご両親の双方が感じているはずの「お互いを求める気持ち」を重視し、赤ちゃんとご家族に寄り添った看護の実現に常に努めています。

手術室

各科横断の幅広い知識と技術が必要。短い期間の中でも患者さんとの深いかかわりを目指す

手術室の看護師は、年間約3500件の手術に携わっています。手術を介助するにあたっては、13診療科にわたって手術の内容を理解することが必要なため、各科を横断する幅広い知識が求められます。 患者さんとは手術前、手術中、手術後の短い時間のかかわりですが、それは濃縮された深い時間でもあるといえるでしょう。手術室の看護師は、その短いかかわりの中で最大限の看護をするべく、できる限り患者さんの元へ訪問し、手術の流れ等を説明し、安心して手術を受けてもらえるよう努めています。また、訪問で得られた情報を共有し、手術中の看護にも役立てています。 手術室は緊張感のある職場ですが、充実感とやりがいを大いに感じられる職場でもあります。スタッフ一同、明るく元気に頑張っています。

透析室

定期的に通う患者さんとは家族のような関係に。アットホームな職場

透析室は、文字通り血液透析を受ける患者さんに対応する場です。長年定期的に通われる患者さんが多数となる性質上、開院4年目の現在は患者さんとスタッフの信頼関係も深まり、アットホームで楽しい雰囲気が築かれています。 医療スタッフは、日々安全で標準的な医療を行うために研鑽するとともに、患者さんへ十分な情報提供を行うべく、様々な工夫をしています。待合室の手作り新聞に載る、透析中の方のための生活情報は、患者さんたちに、少しでも日々を快適に過ごしていただくための心配りです。 長期にお付き合いする患者さんたちは、時に自身の悩みや問題、深刻な気持ちなどを、何らかのメッセージにのせて看護師に訴えてくることもあります。それらを真摯に受け止め、支え、ともに解決できるような看護を提供することが、私たちの使命です。